風邪で新宿の耳鼻科・耳鼻咽喉科を受診するために | 新宿で風邪でおすすめの耳鼻科・耳鼻咽喉科

風邪で新宿の耳鼻科・耳鼻咽喉科を受診するために

▼ 目次

風邪は内科か小児科か耳鼻科・耳鼻咽喉科か?

一般的には聞き慣れない言葉ですが、ウイルスが原因による風邪のことを感冒といいます。
この感冒の症状としては、鼻水・鼻づまり・のどの痛み・痰・咳で、しかもこれらの症状が同時に同じ程度現れることが多いのです。
普通は症状が発生してから3日前後に症状のピークがきて、約7〜10日間程度で症状が軽くなっていくと言われています。

このことから考えると症状が発生してから1週間以上症状が改善しなくて継続するような時は、ウイルスによるものから細菌感染に移行している考えた方が良いです。
また症状が一旦改善されて軽くなってきていたのに、再度悪化したときも細菌感染が起こっている可能性を考えた方が良いケースがあります。
症状が発生して1週間以内であっても細菌感染が起こっていることもあるので、その点を考慮して注意する必要もあるのです。

ちなみに、このような風邪の症状がみられる場合に、新宿の内科を受診するのが良いのか、耳鼻科・耳鼻咽喉科を受診した方が良いのかで悩むこともあります。
また、その風邪の症状が子供にみられる場合には、さらに小児科という選択肢も増えるので、新宿で病院を選ぶ際に迷ってしまうことになるのです。
様々な考え方があるので一概には言えませんが、新宿で風邪かなと思って病院を受診する場合には、耳鼻科・耳鼻咽喉科がおすすめと言えます。
その理由のひとつは、風邪かなと思って病院を受診しても、ウイルス性の風邪よりも重篤な病気が発生している可能性が考えられるからです。
場合によっては命を脅かすことがある重篤な病気という可能性もあって、それを的確に診断し治療できるのは耳鼻科・耳鼻咽喉科といえます。

風邪以外の感染症も考えられるので耳鼻科・耳鼻咽喉科を受診

風邪の症状と考えられるけど、のどの痛み・痰・咳は軽くて鼻水・鼻づまりだけが酷い時には急性副鼻腔炎が疑われます。
もともとアレルギー性鼻炎がある方は、特に急性副鼻腔炎になりやすいので、風邪にかかったかなと感じた場合には耳鼻科・耳鼻咽喉科を受診した方が良いです。
適切に治療しないと急性副鼻腔炎は急性中耳炎の原因になったり、視神経に炎症が及ぶと目が見えなくなったりする可能性があります。
また、脳に炎症が及んでしまうと意識障害を生じる可能性も考えられるので、安易に風邪と自己判断して内科を受診するのではなく耳鼻科・耳鼻咽喉科の受診がおすすめです。

鼻の症状や痰・咳は軽くて喉の痛みがとても強い場合には急性咽頭炎が疑われますし、急性咽頭炎より重症な急性扁桃炎・扁桃周囲炎・扁桃周囲膿瘍・深頸部膿瘍・急性喉頭蓋炎などの病気の場合もあります。
急性扁桃炎なら内科で治療して治ることもあるのですが、悪化して縦隔膿瘍まで進行すると命を落とす可能性も考えられるのです。
内科や小児科の先生は口蓋垂や扁桃までは診察することはできますが、鼻の中や奥・喉の奥・声帯まで診察することはほとんどありません。
その点を考えると最初から耳鼻科・耳鼻咽喉科を受診した方が良いと言えるのです。

鼻の症状や喉の痛みは軽いのに痰や咳がとても酷い時には、風邪の症状に似ていますが急性気管支炎が疑われます。
また、鼻の症状や喉の痛みはほとんどなく痰や咳のみの症状なら、急性気管支炎や肺炎の可能性があるので、呼吸器内科や小児科を受診すると良いです。
ただ、鼻水や鼻づまりの鼻症状は感じなくても、鼻水が喉におちる後鼻漏が痰や咳の原因になっていることもあるので、まずは耳鼻科・耳鼻咽喉科を受診した方が良いとも言えます。
もし耳鼻科・耳鼻咽喉科を受診して急性気管支炎や肺炎などが疑われる場合は、耳鼻咽喉科の医師が呼吸器内科や小児科を受診をすすめてくれるので心配ないです。
このように風邪と思って病院を受診しても、重篤な病気が起こっていて命を脅かす可能性も考えられるので、重篤な病気を的確に診断し治療できる新宿の耳鼻科・耳鼻咽喉科の受診がおすすめと言えます。

新宿の耳鼻科・耳鼻咽喉科の特色とは?

耳鼻科・耳鼻咽喉科の特色として鼻や痰を吸引することが可能で、そうするとすっきりしますし、子供の場合は中耳炎の予防にもなります。
また鼻がつまって口で呼吸すると喉が乾燥してウイルスが繁殖しやすくなるのです。
ですから鼻や痰を吸引することは、自分で治そうとする力をサポートしてくれるので、風邪の時も耳鼻科・耳鼻咽喉科の受診がおすすめと言えます。
これは子供だけではなくて大人にも同様のことが言えますし、特に大人は無理をしてもやらなくてはならないことがあるので、自身の治す力を引き出すことが大事です。

ちなみに新宿にあるクリニックでは内科で耳鼻科・耳鼻咽喉科の症状を含めて診察をしてもらえるので、風邪をひくと何科を受診したら良いかを迷うことなく診察を受けられます。
このようなクリニックが新宿にはあるので、風邪をひいたと感じた時に何科を受診したら良いので迷うのなら診察を検討してみると良いです。

新着情報

風邪の鼻水がつらいなら病院

風邪の鼻水がつらい

風邪は誰でも引いてしまう病気の1つで、日本人であれば人生で必ず一度はかかることのある病気だと言って良いほどメジャーなものとなっています。
そんな風邪の症状の中でも、よりつらいものを言えば鼻水なのではないでしょうか。

鼻水は一見するとそこまで気にならないもののように思えますが、これがなかなか厄介。
仕事や勉強に集中しようと思っても、そこで鼻水が出てくれば集中が途切れます。
痛みやかゆみが発生するものとは違いますが、それでも鼻水はつらいものです。
できれば、病院を受診して早々に治療を進めていくことをおすすめします。
風邪くらいなら放置している人もいますし、自然治癒も可能です。
しかし、放置していると長引くこともあって、鼻水が一向に止まらないこともあります。
それは風邪の症状を悪化させるだけではなく、気分もどんよりさせてしまいます。
まずは耳鼻科や耳鼻咽喉科を受診して治療してもらうと良いでしょう。
≫ 『風邪の鼻水がつらいなら病院』

耳鼻科と内科の特徴による違い

耳鼻科の特徴

耳鼻科というのは、文字通り耳や鼻の治療を行っている診療科です。

鼻や耳は普段から使っている器官ということもあって、様々な病気になってしまいます。

それらの病気を診察し、最適な治療を提供していくのが耳鼻科の特徴と言われています。

この耳鼻科で診てもらえる症状としては、とにかく幅広いのが特徴です。

耳や鼻の症状に合わせて、気になることがあれば聞いてみると良いでしょう。

具体的に鼻水やくしゃみが止まらないという症状で相談しても良いですし、漠然と耳がおかしいという症状で相談しても良いです。

そもそも病院は、わからないからこそ相談するというのが定番となっています。

わからないなりに相談してみると、医師によっては的確なアドバイスをくれます。

もちろん、症状があればそれに対応する薬を処方してくれることも多いですね。

内科の特徴

内科というのは、風邪などの体内の不調がある時に治療できる診療科です。

少し熱があったり、めまいがしたり、ただただ体調が悪いという時に受診すると良いです。

これらの体内の不調というのは、原因が不明なこともあるかもしれませんね。

そもそも素人には判断が難しいということもあって、病院も迷ってしまうことがあります。

内科というのは、いわば最初に受診すべき診療科と言えるかもしれません。

そこで原因がわかれば治療を行い、原因がわからなければ他の病院を紹介してくれます。

内科は総合的に診てくれることも多いので、「体調が悪いのは悪いのだけれどどこを受診すれば良いのかわからない」という時などにも相談することができます。

そこはぜひとも内科に相談してみて、原因を診察によって調べてもらいましょう。

検査して何もなければそれが一番ですし、何か見つかってもすぐに治療に入ることができるので安心です。

耳鼻科と内科の違い

耳鼻科と内科はとても似ているのですが、診察してくれるものが少し違います。

そもそも耳鼻科は耳や鼻をメインに診察しているのですが、内科は体内をメインに診察しているのが一般的となっています。

これらの違いがあるので、耳鼻科と内科を間違わないようにしたいですね。

しかし、そうは言っても素人に判断することはなかなか難しいです。

どちらが正解でどちらが不正解ということもないので、まずは相談してみてください。

単なる風邪などであれば、多くの場合はどちらでも対応してくれます。

そこをいかに上手に使っていくかによって、診察も変わってくるかもしれません。

アレルギー性鼻炎治療の診療科

アレルギー性鼻炎の症状

アレルギー性鼻炎とは、アレルギーによって症状が出る鼻炎のことを言います。

代表的なものとしては花粉やハウスダストなどによるアレルギー性鼻炎ですね。

これはアレルゲンが体内に入ることで、それを排出しようと身体が反応することで、アレルギー反応として出てきてしまうものと言えます。

そのため、まずはアレルギーの原因となるアレルゲンを排出することが必要です。

これらの症状として、鼻水やくしゃみなどが出てくるのです。

その他の病気とは違って、これらは症状というよりも防衛のための反応と言えますね。

通常の慢性的な鼻炎に比べて、アレルギー性鼻炎は症状も大きくなりやすいです。

そのため、しっかりと治療をしていくことが必要となるでしょう。

≫ 『アレルギー性鼻炎治療の診療科』

めまいを治療してくれる診療科

めまいを診てくれる診療科

ふらっとするめまいの症状が出ても、多くの人はきっと放置してしまいますよね。
しかし、それが断続的に続くということであれば、病院を受診した方が良いです。
めまいには様々な原因があるのですが、何かしらの重篤な病気になっていることも。
人によっては命に係わる病気になっていることもあるかもしれません。
そのため、めまいがしたら病院でしっかりと診察してもらった方が安心です。
ただ、人によっては「めまいなんてどこに相談すれば良いの?」と思いますよね。
確かに具体的な症状がある他の病気とは違って、めまいは判断が難しいです。
そもそもただの体調不良でめまいがするということも多いので、必ずしも病気とは限りません。
人によってはただの疲労やストレスによって、めまいが引き起こされていることも。
そんな時には、まずは耳鼻咽喉科などで相談してみてください。
その他、内科などに相談しても、的確に診察してくれることがあります。
≫ 『めまいを治療してくれる診療科』

内耳炎の治療について

内耳炎の治療

内耳炎とは耳で起こる病気の一つです。
耳の中の内耳という部分で炎症が起こる病気となります。
内耳とはどこの部分かというと、かなり奥の方になります。
耳そうじをする部分が外耳道となり、そこから奥に行くと中耳、そのさらに奥にあるのが内耳です。
こちらには音を感じる器官とバランス感覚を司る器官とがあるため、内耳炎が起こるとこれら機能に影響が出て、難聴やめまい、耳鳴りなどの症状が現れます。
日常生活に影響が出ることもありますし、症状によっては内耳炎によって起きた症状が回復しなくなる可能性もあるため、これら異常を感じたら早めに耳鼻科での治療を受けるのがおすすめです。
≫ 『内耳炎の治療について』